風土?制度Culture?System

日本能率協會(JMA)では、産業界および企業を顧客とする「経営革新の推進機関」として、自らが発信する提言や考え方、そして産業界の流れを先進的に取り入れてきました。
「人」を財産とするJMAは、職員一人ひとりがプロフェッショナルとして、長期的に、モチベーション高く、あらゆることにチャレンジできる職場風土づくりに努めています。

風土

    • 運営の三原則(日本的能率?理論より実行?重點主義)

      初代會長の伍堂卓雄が示した「運営の三原則」(日本的性格の能率運動?理論(議論)よりも実行?重點主義)は、JMA事業運営の根幹になっています。
      これを軸に、産業界の活性化につながる事業を日々展開しています。

    • 運営の三原則
    • 実力主義?大きな裁量

      年齢基準を廃した人事制度を導入し、一人ひとりがチャレンジ精神を持って前向きに成長できる環境を整えています。
      年齢や経験に関わらず、社會やクライアントのニーズにあった企畫や事業を立案すれば、それに見合った裁量も大きく、やりがいを感じられる職場です。

    • 飛躍するサラリーマン
    • 「さん」づけや
      「イコールパートナー」の思想

      創立當初より、「職位?先輩後輩?キャリア問わず、互いに働く人として自由平等」の精神、かつ、「誰もがプロフェッショナル」の意識から生まれた「さん」づけ文化。
      お互いが尊重され、自由闊達な議論ができ、情報交流やコミュニケーションの重要な鍵として今も息づいています。

    • 社內打ち合わせ風景
    • 集団天才

      個人は平凡でも、集団內の能力?知力を結集すれば、全體として大きな力を発揮できる、という考え方。
      JMAでは、新卒?キャリア、多様なバックグラウンド?職歴を持った職員が働いていますが、チーム一丸となり、新規事業やプロジェクトの企畫運営を行うことで、事業も広がっています。

    • 機を囲んでパソコンミーティング
    • KAIKA経営

      日本能率協會(JMA)は、小會が提唱する“KAIKA”をめざします。
      働く「人」の成長を促し、不透明感のある社會のなかで変化に対応し、スピード感をもった活動?事業を通じて、「社會」に貢獻できる「人」と「組織」をつくります。

    • KAIKA経営のイメージ
実際に働いている
職員の聲はこちらから

制度

  • 所定労働時間7時間制?
    完全週休2日制(土日)
  • ノー殘業デイ(毎週水曜日)の設定 
    月平均殘業時間:20時間
  • 取得&復帰率100%
    産前産後休業(産休)制度
  • 取得&復帰率100%
    育児休業?休暇(育休)制度
  • 看護休暇
  • 介護休業?休暇制度
    • 特別休暇

      勤続10年、20年、55歳時の區切りで、10日、20日、30日の特別休暇(特別手當あり)が付與されます。
      休むときは休む!」「さまざまなことに興味をもって行動する」それが、JMAの考え方です。

    • GWの長期休暇

      JMAは長年GWに「創立記念日」「特別休暇」を設定し、長期休暇にしています。

  • 語り合い
    (部門長との年1回のキャリア面談)
  • 1 on 1ミーティング
  • OJT
    • ※制度にはなっていませんが、就業時間中のスキルアップのための研修も、上長許可のもと、行われています。

    • 経営大學院等學位取得支援制度
  • 健康保険組合の保養所の利用
  • 40歳以上の人間ドック
  • JMAグループ全體の部活動
  • JMAグループ橫斷型講座
午夜dj在线观看免费完整高清大全-午夜dj在线直播视频免费观看 暖暖视频在线看高...免费
绿春县| 梅河口市| 视频| 喜德县| 阳朔县| 皮山县| 子长县| 沅陵县| 汉源县| 百色市| 怀仁县| 罗城| 三亚市| 苍山县| 庄浪县| 肥西县| 长沙县| 瓦房店市| 莎车县| 凯里市| 五原县| 高碑店市| 桑植县| 通道|